1年に1回は受けなければいけない

>

タバコを吸う人に向いている

肺に異常が起こっていないか

誰でも、がんになるリスクを持っています。
しかしタバコを吸っている人は、吸わない人に対して何倍ものリスクがあると忘れないでください。
タバコは非常に危険な存在ですが、吸わないと生きていけない人もいるでしょう。
検査を受けていれば、肺に異常が起こっていてもすぐに治療できるので、大きな病気に発展せずに済みます。

定期検査を受ける時に、料金を追加して肺検査も受けてください。
3000円から4000円ぐらいの追加料金になります。
40歳を超えた人や、毎日タバコを20本以上吸っている人は注意してください。
肺がんになっていても、初期症状の場合は自分で気づかないケースが多いです。
検査で発見しなければ、症状が進行してしまいます。

受動喫煙が原因になる

タバコを吸っていない人でも、肺がんになるケースがあります。
様々な要因が考えられますが、多くの場合は受動喫煙が原因です。
家族など、身近にタバコを吸う人がいれば、その煙で肺に悪影響を与えてしまいます。
自分はタバコを吸わないから、大丈夫だと油断しないでください。
身近な人がタバコを吸っていて、いつも煙を吸っている人は肺検査も受けましょう。

追加料金が掛かると聞くと、手抵抗を感じるかもしれません。
ですがほんの3000円程度です。
それだけで自分が肺がんになっていないか、また灰の別の病気を発症していないかわかるので、非常にお得だと言われています。
進行してから肺がんに気づいても、手遅れだと言われるので注意しましょう。


この記事をシェアする